• 072-242-3901
  • メールでのお問い合わせはこちら
大規模修繕工事を始めるにあたって大規模修繕工事を始めるにあたって

LARGE-SCALE REPAIR WORK大規模修繕工事を始めるにあたって
建物劣化診断

建物共用部の各部位における劣化現象及びその程度を正確に把握し、
大規模修繕工事の実施時期と工事範囲を適切に判断する基礎資料を
各材料メーカー協力のもと作成します。

診断ポイント

防水性能の低下や汚染・風化による美観の低下等の様々な項目について、打診検査や試験ピースの抜き取りを行います。
1. 外壁タイルや外壁塗装面下地:打診調査をおこない、音の違いで浮きや割れを確認します。
2. 塗装面:目視・打診や触診・付着強度・コンクリートの中性化の判定を行い、汚染具合や浮きサビの進行度を診断します。
3. シーリング:目視・触診・抜き取り・引っ張り試験を行い、防水性能の判定を行います。
4. 防水:目視・触診を行い経年による劣化の状態を判定します

調査・診断結果の報告

各診断ポイントの劣化状況をチャートに表し、建物の現状をわかり易く数値化した報告書にまとめます。

施工範囲・仕様の検討

修繕計画による概算の予算をもとに、劣化状況の緊急性や資産価値の維持向上を目的に、建物所有者・工事監理者・メーカーと共に施工範囲と各部の仕様をご検討致します。

工事予算の検討・ご承認

施工範囲と仕様を踏まえ工期を検討し、各部の細やかな積算を行い修繕工事の明細を作製いたします。その明細をもとに工事金額を算出し、お見積書を提出しご検討を頂きご承認を受けたうえでご契約となります。

Copyright© AXIS Co., Ltd. All Rights Reserved.